女性

銀歯は卒業しよう|歯科でセラミックの詰め物が入れられる

ホワイトニングの流れ

治療用の椅子

黄色くなっている歯を人に見られたくないという人は多いでしょう。色が染み付いてしまった歯は不衛生なイメージを人に与えてしまいます。そのため、多くの人が自分の歯の色を気にしているのです。そんな歯の黄ばみや黒ずみを落とすために代々木にある歯医者さんでは薬剤を使って色を落とす、ホワイトニングという治療が行なわれています。ホワイトニングの方法にはいくつかの種類があり、歯医者さんで薬剤を塗布してもらう方法のことをオフィスホワイトニングといいます。代々木の歯医者さんでオフィスホワイトニングをおこなうときはまず、カウンセリングやクリーニングが先に行なわれるでしょう。カウンセリングではホワイトニングができるのかどうかをチェックします。虫歯や歯周病がある場合はその治療計画を立て、ホワイトニングに適切なタイミングを提案してくれます。また、そういった病気がなくすぐに治療が行えるときは歯の色や特徴を診断して計画を立てるのです。その後歯の表面についた汚れをクリーニングで落とします。代々木の歯医者さんではホワイトニングの薬剤を使う前に、歯茎を保護するための薬剤が塗布されます。ホワイトニングの薬剤が歯茎に触れると痛みを感じることがあるからです。その後、活性化水素を使った濃度の高い薬剤を歯の表面に塗布し、専用の光を照射していきます。こうやって薬剤に光を当てることで歯に付いた色が分解されて白くなるのです。オフィスホワイトニングは1回行なっただけでも、数段歯が白くなるでしょう。黄ばみを気にしている人は代々木の辺りでオフィスホワイトニングを行なっている歯医者さんを探しましょう。