女性

銀歯は卒業しよう|歯科でセラミックの詰め物が入れられる

子どもの頃から矯正しよう

矯正

歯の並びがバラバラだと虫歯や歯周病になりやすく、他の身体にも影響を与える場合があります。そんな歯並びの悪さというのは遺伝や日常生活での癖が主な原因だといわれています。自分の歯並びが子どもに影響を与えると知って矯正治療を考えるという人は少なく無いのです。子どものための矯正治療を検討しているのであれば、堺市にある矯正歯科で相談をするといいでしょう。堺市の矯正歯科の中には、大人だけでなく子ども専門の治療を行なっているところがあるのです。そういったところでは女性の医師が治療を行なったり、無料でカウンセリングや相談を受けたりしています。矯正治療を行なうときに気になるのが装置を取り付けたときの見た目です。金属のワイヤーや装置を取り付けた方法はブラケット矯正と呼ばれており、この方法で治療を行なうのが主流になっています。しかし装置が目立つので、それでからかわれたり学校に行きづらくなったりしないか不安に思うこともあるでしょう。そこで、堺市の矯正歯科では顎の成長が止まっていない子どもに床矯正という方法で治療を行なっています。床矯正というのは入れ歯のような形の矯正器具で、自分で取り外しを行なうことができるのです。また、この床矯正を使うことで顎を広げることができるので、抜歯をせずに治療を進められます。この他にも、目立ちにくいマウスピースで矯正を行なう場合もあるでしょう。マウスピースは軽度な歪みに使える矯正方法です。幼いころからきちんと矯正することで大人になって綺麗な歯を手にすることができるでしょう。子どものためにもこれらの堺市でこういった治療を行なってくれる矯正歯科を探しましょう。