女性

銀歯は卒業しよう|歯科でセラミックの詰め物が入れられる

治療の流れとケア

歯科

歯というのは健康と大きな関係があります。例えば、歯並びの悪さを放っておくと虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。また、虫歯や歯周病といった歯の病気が進行すると抜歯しなくてはいけない状態になってしまうでしょう。抜けた歯をそのままにしてしまうことでかみ合わせが悪くなり、顎や他の歯が歪んでしまう場合があります。このような事態を防ぐためにも、歯医者さんへは定期的に通うようにしましょう。また、気になる症状があったときはすぐに相談することで健康を守ることができます。病気や事故で歯が抜けてしまった場合、桶川の周辺にある歯医者さんではインプラント治療が行なわれます。インプラント治療というのは、抜けている部分の歯茎にインプラントと呼ばれる金属の土台を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるという治療です。埋め込んだ土台はチタンという金属でできており、数ヶ月で骨と結合するでしょう。桶川の多くの歯医者さんではその期間を定着期間と呼んでいて、それが終わる頃に土台と人工歯を接続するための連結部分を取り付けます。そして、連結部分が歯茎と馴染む頃に上から人工歯を装着するのです。桶川にある歯医者さんで行なわれているこのようなインプラントの治療方法は2回法というものです。2回法で人工歯を取り付けたあとは、長持ちさせるために定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。生涯にわたって使い続けるためにも、インプラント治療をした後は桶川の歯医者さんでメンテナンスをしてもらいましょう。